エクステリアを綺麗に生まれ変わらせる方法|Change住まいの顔

作業者

住宅の外観

住宅

エクステリアは、建物や乗り物の外部・外面を意味する言葉である。その範囲は壁だけにとどまらず、庭や門、屋根をも指す。エクステリアの対義語がインテリアである。エクステリアの本来の目的は、不審者の侵入を阻止する事といえる。その為に家を囲い込むような外壁が作られた。
近年では、これまでの風潮とは逆に囲いこまない開放的な外部が好まれる傾向になってきている。そのデザインも日本固有のものではなく、ヨーロッパ調のデザインが好まれつつある。

エクステリアの中でも人気のあるデザインがウッドデッキである。これは木材を用いて部屋の延長になる空間を作る事である。ウッドデッキには屋根が存在せず、デッキのが部屋と繋がっているようなデザインである。そうする事で、より開放的で広い空間を作る事ができる。
ウッドデッキを利用してお茶会を開いたり、バーベキューをしたりする家庭が多い。使い方次第で幅が広がるのも特徴である。

新築にこだわらず、一戸建てやマンションなどの既存住宅を購入して、自分の好きなようにリノベーションして住むという層が出てきている。
新築物件ではお仕着せの間取りである以上、価格が高く、既存住宅に比べれば総じて立地に劣っている面もある。既存住宅を購入してリノベーションすれば、このような問題を解決できる。これを行うことで、一戸建て住宅の基本性能を補強することができる。またマンションでこれを行えば、これまでの問題発生の有無や維持管理の実態を把握することができ、物件の基本性能を確認できるというメリットもある。